役立つキャッシング

以前、仕事を変えて一気に収入が減ってしまったとき、そのときはまだ車のローンなども残っていて、家賃やローン、光熱費などを支払うと、手元に残るのはほんのわずかで、生活費もギリギリで、給料日前にはいつもカウントダウンをしているほどでした。

そんなとき、急を迫られるような支払いが出来てしまい、どうお金を工面しても支払うことができず、消費者金融に頼むことにしたのです。

様々な消費者金融がありましたが、私が選択したのはアイフルです。

審査は割りと簡易だと聞いていましたし、自宅の近くにアイフルのATMがあったので、手続きの時だけではなく、返済の時も自宅から近い場所がいいと思い、アイフルにキャッシングサービス利用の審査を受けに行くことになったのです。

審査はATM内にある個室のような場所で、電話を通じてアイフルの方とやり取りをするというシステムでした。

準備されていた用紙に必要事項を書いてそれを機械に通すだけで審査は行われたので、誰にも会うことがなく審査を受けることが出来るのは助かりました。

アイフルの審査は、勤務先の確認が主であるみたいで、職場に在職確認の電話がされ、在職している確認が取れると審査を通過して、キャッシングの利用を開始することが出来ました。初めて消費者金融でキャッシングを利用するので、始めのキャッシング上限は10万円に設定され、無事にお金を工面することが出来て、支払いを済ませることが出来たのです。

もっと借りたいなと思うこともありましたが、上限が10万円なので、それ以上は借り入れることができず、そのおかげで無理せずに完済することが出来たと思います。

しばらく必要なときはキャッシングに頼り、完済してはしばらくすると再び借り入れをするということを続けていたら、上限金を上げることが出来るという知らせが来たのです。

これまでは10万円だった上限を50万円にすることが出来るとのことで、支払いが厳しくなってきた時だったので、上限をあげる手続きをしてもらいました。

キャッシングの審査の時と同様に、必要事項を用紙に記入して、在職の確認が取れたら審査は終わり、無事に上限をあげることが出来ました。

返済状況などによっては上限の引き上げは出来ない場合もあるとのことでしたが、返済日には遅れることなく返済していたのが良かったのだと思います。

ただ、私が利用していた消費者金融はアイフルだけでしたが、50万円に引き上げてからは借り入れる頻度が増してしまったので、安易に引き上げるのはやめた方が良かったかもしれないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です